この1週間、私の第2の故郷とも言えるグアドループ島へ行っていました。

私はセントマーチン島に来る前にグアドループ島に数ヶ月間住んでいた事があるのですが、今回さらに深く知るべく様々な場所を巡ってきました。

グアドループ島というのはフランスの海外県で、文字通りフランス本土からは地理的にかけ離れていながらも、れっきとした「フランスの県」であるという珍しい場所(島)です。アメリカで言うハワイ州みたいなものです。

グアドループ島はメインの島と離島で成り立っているので、正確に言うと「グアドループ諸島」です。

メインの島は2つあり、それがバステール島とグランテール島です。でもこの2つの島は非常に近く、さらに短い橋でつながっているので、ほとんど「2つで1つの島」というような状態です。

それに、離島のマリ・ガラント島、レ・サント諸島、デジラード島を加えた島々が「グアドループ諸島」であり、フランス国グアドループ県です。

実は2007年までセントマーチン島のフレンチサイド(サン・マルタン)とお隣のサン・バルテレミー島もグアドループ県の一部でした。(グアドループ県サン・マルタン-サン・バルテレミー群)

しかし現在はそれぞれ分離し、独自のフランス海外自治体(フランス海外準県)として存在しています。

フランス海外県と海外準県の違いについてはこちらを参照ください。

「フランス海外県と海外準県の違い」

グアドループは自然豊かで小アンティル諸島最大の山、スフリエール山を擁し、たくさんの緑があります。ビーチに加え、川、滝、熱帯雨林もある事がセントマーチン島との違いです。

次回からグアドループの見どころをいくつか紹介したいと思います。

181116guadeloupe

バステール島の山の中にあるバナナ畑