グアドループは自然豊かな島で昔からサトウキビの生産が有名です。

郊外を車で走れば、いたるところにサトウキビ畑を目にします。

これらのサトウキビから何を生産しているかと言うと、主に2つあります。1つは砂糖、もう1つはラム酒です。ラム酒の原料はサトウキビです。サトウキビを発酵させ蒸留したものがラム酒です。

サトウキビは昔からこの島の産業の中心にありました。それがよくわかる施設があります。

「サトウキビ博物館」とも言うべき

BEAUPORT

という場所・施設です。(2018年5月16日現在閉鎖中)

昔の製糖工場跡地の見学ができます。その際には実際にサトウキビを機械で粉砕し、しぼったジュースを飲んだり、サトウキビ畑の中を走る列車に乗る体験もできます。

この列車は、昔50kmくらいの路線があったそうですが、現在は観光用に往復約20分ほどの運行となっています。

その他、当時の製糖所オーナー達がどういう暮らしをしていたか、についての実際の家を使用した展示、ショートフィルムの上映などもあるので歴史の勉強にもなります。それから軽食店やおみやげ屋さんもあります。

BEAUPORTは、この島を知る為にとても良いし、楽しい経験にもなると思います。

beauport231116