ハリケーンIRMA(イルマ)後、初めてお隣のイギリス領アンギラ島へ行ってきました。

セントマーチン島に甚大な被害があったのだから、わずかフェリーで20分の距離にあるこのアンギラ島もまた同様の被害を受けた事が予想されます。

まず、現在セントマーチン島Marigot港とアンギラ島間のフェリー運行状況はどうなっているかと言うと、完全にハリケーン前の状態へ戻っています。(時刻表は以下の通り)


Marigot発
始発 8:15
以後45分ごと
最終 18:00
1日14便

Anguilla発
始発 7:30
以後45分ごと
最終 17:30
1日14便

料金:片道20USドル+TAX

所要時間:片道約20分

(2018年5月24日現在)

 


アンギラ島内をレンタカーでざっと回ったところ、セントマーチン島より建物の被害が少ないように見えました。アンギラ島の一般的な建物は天井がフラットなコンクリート製のものが多いので、その分屋根を吹き飛ばされる事が少なかったかと思います。とは言え、中にはコンクリートの壁ごと崩壊していた建物もありました。やはりセントマーチン島同様の強さだった事が伺えます。

ホテルの営業再開はまだのところが多いです。修理中の現場をいくつか見かけました。来シーズン(2018年11月頃)までの再オープンを目指していると思います。

 

そして、風光明媚な美しいビーチとして知られるShoal Bay Beachに行ってみると、幸いな事にほとんど被害を受けていませんでした。驚いたのはビーチバーもほぼ無傷だった事です(そのお店の方に直接聞きました)。普通ハリケーンが直撃すれば、ビーチ上の簡易な建物など全て吹き飛んでしまうのですが…

このShoal Bay Beachは島の西側にあります。ハリケーンは常に東から来ますので、その立地やその時の風向き条件により運良く無事だったのだと思います。セントマーチン島では西側の海岸沿いもひどい被害を受けているので… わからないものです。

何はともあれ、この抜群に美しいビーチが健在で本当に良かったです。