カリブ海の中にあるフランス、グアドループ。
この島々をご存知の方は決して多くはありません。
なぜなら、グアドループについて書かれた日本語ガイドブック等は皆無に等しく、現地在住日本人は僅か数人で、訪れる邦人も極端に少ないからです。だからグアドループが日本人に知れ渡る事はなかなかありません。

現地情報をリサーチしても、おそらく断片的なものしか見つからないと思います。
元々、グアドループについては公用語のフランス語以外での詳しい情報が乏しく、もちろん日本語情報としても、いまだ全貌が明らかになっていません。

そのような状況の中でもフランス語圏に興味のある方や文化的好奇心が旺盛な方、あるいはカリブ諸島通の方、名産品であるラム酒好きの方、この島発祥の音楽好きの方(Gwo Ka 〈グォカ〉 、Zouk 〈ズーク〉 )などには一目おかれる島です。

「しかし、それにしても情報が足りなすぎる、もっと総合的にグアドループの事を知りたい、できればいつか行ってみたい」

本書はそんな方の為に作りました。

(「はじめに」より抜粋)

※本書は著者自身の経験をもとに書き、確証のある情報を載せてあります。

※本書内にリンクさせてあるGoogle My Map上には重要施設、お勧めスポット、ビーチ、店舗等をピックアップしてあります。

※スマートフォンからでも読みやすい様に、目次を細かく分けてあります。
目次からタップひとつで素早く必要な情報にアクセスする事が可能です。

グアドループ諸島の旅のお供に是非どうぞ。

 

「カリブ海 グアドループ諸島 2019」 Kindle版
Shinobu Uchino(著)
ご購入はこちら

目次:

はじめに

1章 基本情報
グアドループの魅力
おすすめの街
地図
日本からのアクセス
ビザ
通貨
言語
気温、気候、ハリケーン

時差
休日
電話
電圧、プラグ形状

2章 交通情報
空港

レンタカー
バス
タクシー

3章 各エリアと見どころ
グラン・テール島(Grande-Terre)
国際空港付近
ポアン タピトル(Pointe-à-Pitre)
ル・ゴシエ(Le Gosier)
サン・タンヌ(Sainte-Anne)
サン・フランソワ(Saint-François)
その他の街(グラン・テール島)
バス・テール島(Basse-Terre)
べ・マオ(Baie-Mahault)
デエ(Deshaies)
バス・テール(Basse-Terre)
その他の街(バス・テール島)
離島
マリ・ガラント島(Marie-Galante)
レ・サント諸島(Les Saintes)
ラ・デジラード島(La Désirade)

4章 現地料理(クレオール料理)
クレオール料理
クレオール・ファーストフード
ローカル飲料

5章 9カ所のラム酒蒸留所
ダモアゾー(Damoiseau)
ボローニュ(Bologne)
ドメーヌ・ドゥ・セヴラン(Domaine de Séverin)
レモネンク(Reimonenq)
ロングトー(Longueteau)
モンテベロ(Montebello)
ビエール(Bielle)
ペール・ラバ(Père Labat)
ベルヴュー(Bellevue)

6章 アクティビティ
海のレジャー
スフリエール山(Soufrière)

博物館
植物、島の自然
ドライブコース

7章 年中人気イベント

8章 豆知識
グアドループ出身の著名人
カリブ海にあるフランスの島々
民族のルーツ、移民

治安、防犯対策、注意
パスポート紛失
注意
緊急連絡先電話番号

おわりに

著者

奥付