電子書籍はスマートフォンタブレットをお持ちでしたら簡単に読む事ができます。
「Amazon Kindle無料アプリ」を入手しお楽しみください。

「超巨大ハリケーン直撃の島で知ってしまった事」──九死に一生を得た実話(Amazon Kindle版)
Shinobu Uchino(著)
ご購入はこちらから

2017年9月5日の夜から翌日6日早朝にかけ、私たちが暮らしているカリブ海セントマーチン島に超巨大ハリケーン、イルマ(IRMA)が直撃しました。
当時、私は島内の自宅にいて、あと一歩で命を落とすところでした。氾濫した海水が鉄のシャッター、窓ガラス、壁を一気に破り、激しい波と共に襲いかかって来たのです。
私は何かを考える猶予もなく部屋の中を泳いでいました。
泳ぎながら外を見ると、夜明け前の薄暗い闇の中に時速370キロを超えるハリケーンの姿が現れ、
「このまま外へ流されたらもう最後、それだけではなく、自分の遺体は発見されないだろう」
と直感しました。
そのうえ、部屋の中の水位はすでに2メートル程まで上昇し、天井まであとほんの数十センチです。息のできる空間はもうほとんど残っていません。

「死ぬ」

そう思いました。

─(中略)─

奇しくも自分が超巨大ハリケーンの被災者となり九死に一生を得た時、私はどうしても実際に何が起きたかを書き残し伝えなければならないと思いました。
これらの話を知っていただく事で未来の被災者を一人でも減らせるかもしれないからです。
私はそう願い、本書を書きました。

(以上、はじめにより抜粋)

目次:
はじめに

第1章 ハリケーンイルマとは何だったのか?
突然終わった日常
カリブ諸島はハリケーンの通り道
わずか2週間の間に巨大ハリケーンが3つも襲来
本当の死亡者数は
両国の対応の違い
モラルの崩壊、普通の人も泥棒になる
隣人の大切さ
被害を受けたのは人間だけではない
破壊と再生

第2章 深刻な話の数々
レベル1(話1~話44)
レベル2(話45~話56)
レベル3(話57~話74)
ハリケーン被害からの教訓

第3章 リアルタイムに書き残した記録
もうすぐ生まれる子供のために 2017年9月2日(土)
妻の病名は子癇前症(しかんぜんしょう) 2017年9月3日(日)
出産のために島を脱出する予定が…… 2017年9月4日(月)
もう飛行機は飛べない 2017年9月5日(火)
私は生きている方がおかしい 2017年9月6日(水)
ヒッチハイクで病院へたどり着いた 2017年9月7日(木)
大惨事の中の幸せ 2017年9月8日(金)
非常事態の中にある日常 2017年9月9日(土)
パスポートなしで脱出できるのか? 2017年9月10日(日)

第4章 一転して、ありえない強運の連続
最も重要な問題が進まない(出生証明書の発行とパスポート再取得)
3週間後に見つかったパスポートと貴重品
娘が猫デザインのベビー服に着替えた数分後、愛猫が保護される
一家全滅の可能性も高かった
赤ちゃん連れの住所不定生活が終わる
わが家のビフォー&アフター

おわりに
著者
奥付

 

カリブ海、セント・マーチン島ガイド 2017 (Kindle版)
Shinobu Uchino(著)
ご購入はこちらから

前回「カリブ海、セント・マーチン島ガイド 2015」をリリースしてから約1年半が経過しました。その間に変化した情報を見直し、必要な情報を足し、再編集したものが本書「カリブ海、セント・マーチン島ガイド 2017」です。

本書ではセント・マーチン島在住の著者が島の基本情報からお勧めの場所・穴場スポット・注意点など実用的情報を一挙にご紹介しています。

また著者自身で撮影した写真を100枚ほど載せております。それによって、言葉でお伝えしきれない部分の情報を補い、また視覚的にもお楽しみいただけるかと思います。

(「はじめに」より)

 

*本書は著者自身の経験をもとに書き、確証のある情報だけを載せてあります。

*スマートフォンからでも読みやすい様に、目次を細かく分けてあります。
それによって目次からタップひとつで素早く必要な情報にアクセスする事が可能です。

*本書内にリンクさせてあるGoogle My Map上には重要施設、お勧めスポット、ビーチ、店舗等をピックアップしてあります。
その数合計200ヶ所以上。

セント・マーチン島の旅のお供に是非どうぞ。

 

目次:
1. はじめに

2. 基本情報
セント・マーチン島の魅力
地図
言語
通貨
ビザ
気温、気候など
地形
電話
電圧、プラグ形状

時差
休日
オフシーズンの注意点
国境
インターナショナルな島
2つに分かれた社会システム
近年の変革
ヨーロッパとの関係
税金について
チップについて

3. 交通情報
空港


島内一周
信号機のない交差点
タクシー
乗合いバス
レンタカー
駐車場

4. 主要エリア
プリンセス・ジュリアナ空港 (Princess Juliana International Airport)
マホ (Maho)
シンプソン ベイ (Simpson Bay)
フィリップスバーグ (Philipsburg)
コップコイ(Cupecoy)
マリゴ (Marigot)
グランド ケース (Grand-Case)
ピネル島 (Pinel)
キュル ドゥ サック (Cul-de-Sac)
アンス マルセル (Anse Marcel)
オリエント ベイ (Orient Bay)
オイスター ポンド (Oyster Pond)
テール バス (Terres Basses)

5. レストラン
フレンチ
クレオール料理
ローカル飲料
ビーチ沿いレストラン
アジアン、エスニック
その他のレストラン
軽食
パン屋、カフェ
スイーツ

6. ビーチ
飛行機系
リゾート系
ローカル系
子供にも安心系
静か・人が少ない系
冒険・ハイキング系
番外編
特別エリア

7. ホテル
マホ (Maho)
シンプソン ベイ (Simpson Bay)
フィリップスバーグ (Philipsburg)
オイスター ベイ (Oyster Bay)
マリゴ (Marigot)
グランド ケース (Grand-Case)
オリエント ベイ (Orient Bay)
アンス マルセル (Anse Marcel)
オイスター ポンド(オイスター ポンド (Oyster Pond))
テール バス (Terres Basses)

8. アクティビティ
スクーター、バギー
カヤック、スタンドアップパドル
シュノーケリング、ダイビング
ジェットスキー
パラセーリング
スカイダイビング
バタフライファーム
乗馬
島の自然
展望スポット
クルーズ船で来られた方へ

9. 店舗情報
おみやげ
スーパーマーケット
専門店
薬局
ホームセンター
PC関連、電気製品
観光案内所

10. イベント
毎年恒例イベント

11. ナイトライフ
バー、ミュージック
カジノ

12. 治安、防犯対策、注意点
パスポート紛失
危険エリア
車の運転・管理
勧誘
お手洗い

13. 緊急連絡先電話番号

14. 注釈

15. あとがき

16. 著者
Copyright

 

gourmet010816

セント・マーチン島 グルメガイド 2016 (Kindle版)
Shinobu Uchino (著)
ご購入はこちらから

マホビーチで有名なセント・マーチン島は知る人ぞ知るグルメの島です。
カリブ海に数え切れないほどある島々の中でトップレベル、No. 1と言って良いと思います。

本書では私が実際に訪れたレストランを中心に、評判の良い店舗、今後足を運びたい店舗を加え約120カ所ピックアップしました。
それから約50カ所のホテルも選んであります。ホテルについては私から見た立地条件・雰囲気と、実際に宿泊した事のある方々から直接聞いた声を判断基準にしています。
選り取り見取りのビーチに様々なアクティビティ、そしてカリブ海No. 1の美食の島でもあるセントマーチン島。
ここには南の島で楽しく贅沢に過ごす為の必要条件が見事に揃っているのです。

(「はじめに」より)

*本書はセント・マーチン島の「グルメ情報」に対して完全にフォーカスした内容になっています。

*おすすめのフレンチレストラン等はもちろんの事、カリブ海の現地グルメ「クレオール料理」についての情報も充実しています。

*本書内にリンクさせたGoogle My Map上には、ご紹介したすべてのレストラン・ホテルの詳細な位置を指してあります。
その合計数、約180ヶ所。

*スマートフォンからでも読みやすい様に、目次を細かく分けてあります。
それによって目次から必要な情報に素早くアクセスする事ができます。

*本書は著者自身の経験をもとに書き、確証のある情報だけを載せてあります。
(現在セント・マーチン島生活丸5年が経過)

目次:

はじめに

おすすめ料理・レストラン

地図

エリア別 店舗情報
Grand-Case(グランド・ケース)
Marigot(マリゴ)
Orient Bay(オリエント ベイ)
Cul-de-Sac(キュル ドゥ サック)
Anse Marcel(アンス マルセル)
Oyster Pond(オイスター ポンド)
Baie Nettlé(べ ネトレ)
Terres Basses(テール バス)
Pic Paradis(ピック パラディ)付近
Maho(マホ)
Simpson Bay(シンプソン ベイ)
Philipsburg(フィリップスバーグ)
Cupecoy(コップコイ)
Oyster Bay(オイスター ベイ)
Little Bay(リトル ベイ)
Indigo Bay(インディゴ ベイ)
ジュリアナ空港

注釈

あとがき

著者
copyright

 

ガイド本表紙

カリブ海、セント・マーチン島ガイド 2015 (Kindle版)
Shinobu Uchino(著)
ご購入はこちらから