電子書籍はスマートフォンタブレットをお持ちでしたら簡単に読む事ができます。
「Amazon Kindle無料アプリ」を入手しお楽しみください。


「カリブ海 グアドループ諸島 2019」 Kindle版
Shinobu Uchino(著)
ご購入はこちら

カリブ海の中にあるフランス、グアドループ。
この島々をご存知の方は決して多くはありません。
なぜなら、グアドループについて書かれた日本語ガイドブック等は皆無に等しく、現地在住日本人は僅か数人で、訪れる邦人も極端に少ないからです。だからグアドループが日本人に知れ渡る事はなかなかありません。

現地情報をリサーチしても、おそらく断片的なものしか見つからないと思います。
元々、グアドループについては公用語のフランス語以外での詳しい情報が乏しく、もちろん日本語情報としても、いまだ全貌が明らかになっていません。

そのような状況の中でもフランス語圏に興味のある方や文化的好奇心が旺盛な方、あるいはカリブ諸島通の方、名産品であるラム酒好きの方、この島発祥の音楽好きの方(Gwo Ka 〈グォカ〉 、Zouk 〈ズーク〉 )などには一目おかれる島です。

「しかし、それにしても情報が足りなすぎる、もっと総合的にグアドループの事を知りたい、できればいつか行ってみたい」

本書はそんな方の為に作りました。

(「はじめに」より抜粋)

※本書は著者自身の経験をもとに書き、確証のある情報を載せてあります。

※本書内にリンクさせてあるGoogle My Map上には重要施設、お勧めスポット、ビーチ、店舗等をピックアップしてあります。

※スマートフォンからでも読みやすい様に、目次を細かく分けてあります。
目次からタップひとつで素早く必要な情報にアクセスする事が可能です。

グアドループ諸島の旅のお供に是非どうぞ。

目次:

はじめに

1章 基本情報
グアドループの魅力
おすすめの街
地図
日本からのアクセス
ビザ
通貨
言語
気温、気候、ハリケーン

時差
休日
電話
電圧、プラグ形状

2章 交通情報
空港

レンタカー
バス
タクシー

3章 各エリアと見どころ
グラン・テール島(Grande-Terre)
国際空港付近
ポアン タピトル(Pointe-à-Pitre)
ル・ゴシエ(Le Gosier)
サン・タンヌ(Sainte-Anne)
サン・フランソワ(Saint-François)
その他の街(グラン・テール島)
バス・テール島(Basse-Terre)
べ・マオ(Baie-Mahault)
デエ(Deshaies)
バス・テール(Basse-Terre)
その他の街(バス・テール島)
離島
マリ・ガラント島(Marie-Galante)
レ・サント諸島(Les Saintes)
ラ・デジラード島(La Désirade)

4章 現地料理(クレオール料理)
クレオール料理
クレオール・ファーストフード
ローカル飲料

5章 9カ所のラム酒蒸留所
ダモアゾー(Damoiseau)
ボローニュ(Bologne)
ドメーヌ・ドゥ・セヴラン(Domaine de Séverin)
レモネンク(Reimonenq)
ロングトー(Longueteau)
モンテベロ(Montebello)
ビエール(Bielle)
ペール・ラバ(Père Labat)
ベルヴュー(Bellevue)

6章 アクティビティ
海のレジャー
スフリエール山(Soufrière)

博物館
植物、島の自然
ドライブコース

7章 年中人気イベント

8章 豆知識
グアドループ出身の著名人
カリブ海にあるフランスの島々
民族のルーツ、移民

治安、防犯対策、注意
パスポート紛失
注意
緊急連絡先電話番号

おわりに

著者

奥付

 


「カリブ海 セント・マーチン島 2019」(Amazon Kindle版)
Shinobu Uchino(著)
ご購入はこちら

2017年9月、セント・マーチン島に超巨大ハリケーン「イルマ(IRMA)」が直撃し、多くの店舗・ホテル・住居が壊され島は半壊状態に陥りました。あまりにも建物の被害件数が多過ぎた為、未だに復興途中ではありますが、すでに観光客は戻り以前の活気を取り戻しています。

本書ではこのようなハリケーン後の島内を見直し、最新情報に更新しました。
現在の状況を知っていただく事で、今後のご滞在のお役に立てるかと思います。

新たに生まれ変わっている最中のセント・マーチン島を、ぜひ体験しにいらしてください。

(「はじめに」より抜粋)

*本書は著者自身の経験をもとに書き、確証のある情報だけを載せてあります。

*本書内にリンクさせてあるGoogle My Map上には重要施設、お勧めスポット、ビーチ、店舗等をピックアップしてあります。

*スマートフォンからでも読みやすい様に、目次を細かく分けてあります。
目次からタップひとつで素早く必要な情報にアクセスする事が可能です。

セント・マーチン島の旅のお供に是非どうぞ。

目次:

はじめに

1章 基本情報
セント・マーチン島の魅力
地図
言語
通貨
税金について
チップについて
ビザ
休日
オフシーズンの注意点
時差
気温、気候、ハリケーン
地形

電話
電圧、プラグ形状
郵便
お手洗い
国境、両サイドの違い
近年の変革

2章 交通情報
空港


レンタカー
乗合いバス
タクシー

3章 主要エリアとホテル
マホ(Maho)
シンプソン・ベイ(Simpson Bay)
フィリップスバーグ(Philipsburg)
マリゴ(Marigot)
グランド・ケース(Grand-Case)
オリエント・ベイ(Orient Bay)
ピネル島(Pinel)
テール・バス(Terres Basses)
オイスター・ポンド(Oyster Pond)
オイスター・ベイ(Oyster Bay)
コップコイ(Cupecoy)
アンス・マルセル(Anse Marcel)

4章 おすすめレストラン
フレンチ
クレオール料理
ローカル飲料
ビーチ沿いレストラン
アジアン、エスニック
その他のレストラン
軽食
パン屋、カフェ
スイーツ
バー、ミュージック

5章 おすすめビーチ
飛行機系
リゾート系
ローカル系
子供にも安心系
静か・人が少ない系
冒険・ハイキング系
番外編
特別エリア

6章 アクティビティ
ロープウェイ
マリーンスポーツ
乗物レンタル
スカイダイビング
乗馬
ハイキング
展望スポット
クルーズ船で来られた方へ
カジノ
毎年恒例イベント
カリブ海、危険な3つの空港

7章 店舗情報
おみやげ
スーパーマーケット
薬局
ホームセンター
PC関連、電気製品

8章 治安、防犯対策
危険エリア
パスポートの紛失
車の運転・管理

緊急連絡先電話番号

注釈

おわりに

著者

奥付

 


「超巨大ハリケーン直撃の島で知ってしまった事」──九死に一生を得た実話(Amazon Kindle版)
Shinobu Uchino(著)
ご購入はこちら

✳︎本書はハリケーンイルマ直撃時に《本当は何が起きていたのか?》著者自身の体験を元に書いた一種の暴露本です。

2017年9月5日の夜から翌日6日早朝にかけ、私たちが暮らしているカリブ海セントマーチン島に超巨大ハリケーン、イルマ(IRMA)が直撃しました。
当時、私は島内の自宅にいて、あと一歩で命を落とすところでした。氾濫した海水が鉄のシャッター、窓ガラス、壁を一気に破り、激しい波と共に襲いかかって来たのです。
私は何かを考える猶予もなく部屋の中を泳いでいました。
泳ぎながら外を見ると、夜明け前の薄暗い闇の中に時速370キロを超えるハリケーンの姿が現れ、
「このまま外へ流されたらもう最後、それだけではなく、自分の遺体は発見されないだろう」
と直感しました。
そのうえ、部屋の中の水位はすでに2メートル程まで上昇し、天井まであとほんの数十センチです。息のできる空間はもうほとんど残っていません。

「死ぬ」

そう思いました。

─(中略)─

奇しくも自分が超巨大ハリケーンの被災者となり九死に一生を得た時、私はどうしても実際に何が起きたかを書き残し伝えなければならないと思いました。
これらの話を知っていただく事で未来の被災者を一人でも減らせるかもしれないからです。
私はそう願い、本書を書きました。

(以上、はじめにより抜粋)

目次:
はじめに

第1章 ハリケーンイルマとは何だったのか?
突然終わった日常
カリブ諸島はハリケーンの通り道
わずか2週間の間に巨大ハリケーンが3つも襲来
本当の死亡者数は
両国の対応の違い
モラルの崩壊、普通の人も泥棒になる
隣人の大切さ
被害を受けたのは人間だけではない
破壊と再生

第2章 深刻な話の数々
レベル1(話1~話44)
レベル2(話45~話56)
レベル3(話57~話74)
ハリケーン被害からの教訓

第3章 リアルタイムに書き残した記録
もうすぐ生まれる子供のために 2017年9月2日(土)
妻の病名は子癇前症(しかんぜんしょう) 2017年9月3日(日)
出産のために島を脱出する予定が…… 2017年9月4日(月)
もう飛行機は飛べない 2017年9月5日(火)
私は生きている方がおかしい 2017年9月6日(水)
ヒッチハイクで病院へたどり着いた 2017年9月7日(木)
大惨事の中の幸せ 2017年9月8日(金)
非常事態の中にある日常 2017年9月9日(土)
パスポートなしで脱出できるのか? 2017年9月10日(日)

第4章 一転して、ありえない強運の連続
最も重要な問題が進まない(出生証明書の発行とパスポート再取得)
3週間後に見つかったパスポートと貴重品
娘が猫デザインのベビー服に着替えた数分後、愛猫が保護される
一家全滅の可能性も高かった
赤ちゃん連れの住所不定生活が終わる
わが家のビフォー&アフター

おわりに
著者
奥付

 


「カリブ海、セント・マーチン島ガイド 2017」(Amazon Kindle版)
Shinobu Uchino(著)

 


gourmet010816

「セント・マーチン島 グルメガイド 2016」(Amazon Kindle版)
Shinobu Uchino (著)

 


ガイド本表紙

「カリブ海、セント・マーチン島ガイド 2015」(Amazon Kindle版)
Shinobu Uchino(著)