セント・マーチン島のすぐ隣にサバ島(セーバ島、Saba)という島があります。(オランダ王国の一部)
面積のほとんどが山で、いくつかの「集落」がある程度のとても小さな島です。人口は1,500人ほど。
ちなみにSabaの発音は英語だとセーバ、フランス語でサバです。

そんなサバ島には世界一のモノがあります。
……それは、滑走路の「短さ」です。
全長396m。しかも滑走路の先は断崖絶壁!
(その割に、幸いこれまで大事故はないとの事)
写真をご覧の通り、わずかな平地に無理やり作ったような空港です。

世界一短い滑走路を持つ、サバ島の空港

 

 

サバ島は島全体が山で、緑に溢れています。これは大昔、海底が盛り上がって出来た島だからと聞きました。確かに海岸付近に激しく地層がうねって盛り上がったような景色がありましたので、その成立ちには納得できます。

山頂付近にいつも雲が漂っているシーナリー山(877m)はヨーロッパ本土を含むオランダ領土の中で一番の高さ。
比較的簡単に登頂もできますので、登山もおすすめです。
天気が良ければ頂上からの景色は絶景!カリブ海の青色と空の青色の境界が曖昧になる様は幻想的であります。

このように、サバ島は世界で一番短い滑走路を持ち、同時にオランダ王国で一番高い場所も存在するという、実にユニークな場所なのです。

家のデザインが統一された、サバ島の集落

 

サバ島への行き方

いずれもセント・マーチン島のオランダ側からのアクセスです。

飛行機
プリンセス・ジュリアナ空港からわずか約10分
航空会社はセント・マーチン島を本拠地とするWinair


Simpson BayにあるAqua Mania Adventuresの港より日帰りフェリーツアーが出ています。

他にサバ島発のフェリーもあり
SABA TRANSPORT

週3日の運航、朝サバ島発→夕方サバ島戻り、
セント・マーチン島の到着港はPhilipsburg

 

関連記事

カリブ海、3つの危険な空港

カリブ海の危険な空港は、セント・マーチン島以外にもある(セント・バーツ島編)

さようなら、KLM B747-400

マホビーチ(危険編)